サイトメニュー

病気がちな場合には

医者と患者

選ぶ基準とメリットを知りたい

大学生の就活も、少しでも良いところに就職しようと思うと、過酷を極めます。当然みんなが条件の良いところを狙うため、条件の良いところは競争倍率が激しくなってしまう傾向があります。このような場合には、少しランクを下げるのも良いですが有名大学にいる人ほどプライドが高くランクを下げたくないと感じるかもしれません。このように、こだわりがあるのも良いですが、こだわり続けるとなかなか結果が出ず不安になってきてしまいます。そうすると、やがてうつ病になる人も出てきてしまうでしょう。うつ病になった場合には、自覚症状がありませんので最初はなんとなく活動したくないあるいは家の外に出たくないと感じるようになります。人によっては、頭痛がしたり吐き気や発熱などが発生したりすることも考えられます。そのような状態になると、とても就活どころではありません。もしそうなってしまった場合には、心療内科や精神科に通ってみるのが良いでしょう。ただ、心療内科や精神科といっても自分にとってふさわしいところとそうでないところがあるはずです。そこで、事前にどのようなところを選んだらよいか知っておくと良いです。選ぶ基準の1つは、患者の話をよく聞いてくれるところです。患者の心の奥底に隠れている気持ちの部分を引っ張り出すような先生がいるところは非常に魅力的で、自分の病気も完治してくれるでしょう。

就活の時に、うつ病になってしまうこともあります。このような場合には、何もせずに家の中に引きこもっているのではなく積極的に心療内科や精神科などに行き、病気を治療することが大事です。うつ病のときには、精神科や心療内科に行くことすら億劫に感じられるかもしれません。ですが、家の中にいたとしても病気が良くなるわけでもなく就活がうまくいくわけでもありません。せっかくならば、心療内科や精神科に行くメリットをよく理解しておく事が必要です。そのメリットの1つは、自分では決して治療することができなかった病気を治してくれることにあると言っても過言ではありません。少なくとも、自分自身で悩んでいるよりもより早く結果を出してくれるでしょう。また、深層心理の部分を先生の方で引っ張り出してくれるため、自分がなぜそのような病気になってしまったか自分自身でも自覚することができます。うつ病の人は、なぜ自分がうつ病になってしまったかわからないことでしょう。そのため自分自身で治すことが難しいわけです。ですが、心療内科や精神科の先生によって深層心理の部分をオープンにしてもらい、自分自身で原因がわかったとすれば、完治するまでそれほど時間がかからないはずです。

Copyright© 2019 現状から抜け出すために知っておきたいこと All Rights Reserved.