サイトメニュー

ストレスで病気になったら

医者と看護師

就職活動中のストレスが病気の原因になる

学校の勉強は頑張れば頑張るほど、その努力が成績にしっかりと反映されるため、悪かったとしても反省するポイントが分かっていたはずです。しかし、就職活動というのは、自分では精一杯頑張ったとしても、よい結果がまったくでない場合もあります。勉強とは違って、よほどの失敗をしていなければ、反省すべきポイントも分からないため、どうして就活が上手くいかないのか悩んでしまう方もいるでしょう。そのような状態が続くと、ストレスが身体に蓄積されていって、うつ病を発症することがあります。もしも、現在これまでの人生にはないほどの、落ち込みを感じていて、なおかつそれが長期間続いているのなら、うつ病を疑ったほうがよいでしょう。さまざまなストレスが原因となって、うつ病は発生するため、上手くいかない就活が原因となってもおかしくはありません。なお、うつ病の状態では、気持ちを前向きにできないため、就活にも悪い影響を及ぼします。そのため、うつ病かもしれないと感じているのなら、就活を成功させるためにも、心療内科や精神科に通って、しっかりと治療してもらいましょう。社会人となってからは、仕事が忙しくて治療する時間がないかもしれないため、学生のうちにきちんと治しておいたほうがよいです。

うつ病はそれほど珍しくはない病気なので、多くの心療内科や精神科で、ドクターに診察してもらうことができます。しかし、すぐに診てもらえないかもしれないので、すぐに就活に復帰したいのなら、できる限り早く行動を起こさなければいけません。それは、現在では心療内科や精神科がある病院やクリニックは、かなり混んでいるケースがあるため、予約を取るのが難しいかもしれないからです。場合によっては、予約が取れるのは一ヵ月後になる可能性もあるので、うつ病かもしれないと感じているのなら、ただちに電話で連絡を取りましょう。なお、就活中にうつ病をきちんと治せて、無事に希望していた会社に就職できたとしても、そこで安心してはいけません。なぜならば、新人の社会人はかなりのストレスがかかる環境に置かれるため、うつ病が再発する可能性があるからです。最近では五月病だけではなく、六月病という言葉もあるくらいなので、働き始めはストレスに気をつけなければいけません。もしも、再発しそうだと感じたのなら、早めに心療内科や精神科に訪れて、ドクターに不安なことを相談したほうがよいでしょう。メンタル系の医療施設ならば、ストレスにも詳しいので、ベストな対処方法を教えてくれるはずです。

Copyright© 2019 現状から抜け出すために知っておきたいこと All Rights Reserved.