サイトメニュー

サポートを利用する

医療

就職後まで続く充実した支援体制

うつ病で長らく社会生活から離れていたものの、社会復帰をするために就活をしたい、そういった病を抱える方を支援するサポート体制が充実しています。近年、うつ病は精神障害にも認定されるようになり、病気を抱えていても働くことができる環境が整いつつあります。企業側も積極的に雇用を創出し、受け入れ体制を整えています。まず、相談会に参加して自分の現在の状況と、就職したい職種の相談をすることが可能です。就職支援の一環として、必要であれば資格取得のための支援を受けることができるので、取得した資格を生かして働くことができるようになっています。就活をするためには社会生活を送ることができるように体調を整えることが必要なので、生活リズムを整えるためのサポートを受けることができるようになり、よりスムーズに就活をすることができるようになったのです。また、就職した後にも悩み相談や勤務先との交渉事も引き受けてくれるので、自分に適した環境で働くための支援を受けることができます。うつ病を患っている人の多くが目標に掲げていることは、同じ職場で長く働き続けることです。そのためには、企業側が環境を整えることも求められるのでそのサポートを受けられるのです。

うつ病のために長いブランクが空いてしまった人でも、最近では就労移行支援を受けながら社会復帰を果たすことができるようになりました。今までは社会復帰をする上で長い離職期間があることは不利ではありましたが、社会におけるうつ病に対する理解が深まったことにより、安心して就労支援を受けることができるようになったのです。うつ病の方が就活をする上で注意したい点は、あまり無理をしすぎないということです。自分を追い込んでしまったり、自分に合わない環境に身をおいて無理をしすぎてしまうと、また病気が再発したり悪化したりする事があるからです。できる限り無理をしないような勤務環境で働くことで、長く仕事を続けることになります。企業側としても、精神障害がある方でも長く働くことができる人材を求めているので、環境の整備や働きやすい環境づくりに力を入れている企業は多いのであります。うつ病の患者が就活をする場合には、専門のサポートスタッフからの支援を受けることができます。就職するための生活リズムを整えたり、必要なスキルや視覚の取得を目指したりすることができるので、就職に向けて十分な準備期間を設けることができるとあって心の準備も整えられると評価されています。

Copyright© 2019 現状から抜け出すために知っておきたいこと All Rights Reserved.